おとなの恋は、まわり道

Introducion

キアヌ・リーブス × ウィノナ・ライダー
輝き続けるふたりが贈る
アンラッキーをハッピーに変える
大人のラブストーリー

『マトリックス』シリーズや『スピード』などの超大作で世界を制したキアヌ・リーブスと、『シザーハンズ』やアカデミー賞®にノミネートされた『若草物語』などの感動作で世界の恋人になったウィノナ・ライダー。それぞれのキャリアは時に寄り道をしながらも輝き続け、キアヌは『ジョン・ウィック』シリーズ、ウィノナはTVシリーズ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」と、共に近年また主演作が大ヒットを記録し、鮮やかな再ブレイクを果たしている。
そんなふたりの『ドラキュラ』、『スキャナー・ダークリー』などに続く4度目の共演が実現した。最初に出演オファーを受けて快諾したウィノナが惚れ込んだのは、親族・友人が集まる結婚式が舞台で、共演者も多数いるにもかかわらず、招待客である主人公のふたりにしか台詞がないという、大胆かつ唯一無二の脚本だった。その上、登場するのは、個性が強すぎて恋愛も人生もうまくいかない男女という、インパクト絶大のキャラクターだ。主演のふたりの俳優の相性とリズムがすべてを決めると気付いたウィノナは、この胸躍る新たなチャレンジへのパートナーに、プライベートでも親交のあるキアヌを指名した。
スウィートもビターも味わいながら人生を歩いてきた、キアヌとウィノナのアンサンブルでしか生み出せない、華やかでおかしくて楽しいなかにピリッとスパイスのきいた、大人のラブストーリーが完成した。

最悪の結婚式で出会った、
ヘンクツ男とヘリクツ女

こじらせ続けるふたりが教えてくれる
ステキな運命を引き寄せるコツ

イケメンだけどヘンクツなフランク。美人なのにドクゼツが止まらないリンジー。気が付けば、“おひとり様”記録を更新中のふたりが、豪華でロマンティックなリゾート・ウエディングに招待された。楽しいはずのお祝いの旅だが、ふたりにとっては悪夢だった。花婿は、フランクと絶縁中の異父兄弟で、リンジーを捨てた元婚約者なのだ。出会った瞬間から、互いに感じ悪さ爆発のふたりだったが、飛行機もディナーの席も、ホテルの部屋まで隣に! 口を開けば意見は対立、バトルを繰り広げるふたりだったが、思いがけないときめきが舞い降りる。果たして、まわり道を続けるふたりの恋の終着点は──?
監督は、TVシリーズの脚本や製作でエミー賞に4度ノミネートされ、『5時から7時の恋人カンケイ』で映画監督デビューを果たしたヴィクター・レヴィン。リゾート・ウエディングの新たなイベントが始まるごとに流れる、心浮き立つスペイン風の異国情緒あふれる音楽は、『タイタニック』でセリーヌ・ディオンが歌うグラミー賞受賞曲「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」など数々の名曲の編曲で知られるウィリアム・ロス。 極上ワインの産地としても知られ、“アメリカで最も幸せな都市”と呼ばれるカリフォルニア南部のサンルイスオビスポののどかな自然と美しい街並みを背景に、運命の出会いなんて信じない男と、運命のひとを見つけたい女が、まさかの恋におちていく顛末を、現代に生きる男女の「あるある」を盛り込んだユーモアを添えて描いていく。
今さら自分を変えられないし、駆け引きも苦手だけれど、ステキな恋はしたい。そんなあなたに、運命を引き寄せるコツを教えてくれる、幸せな明日への応援歌の誕生だ!

ページトップへ